相続対策は、長期的な視野をもって計画的に対策を実行することが結果的に節税につながります。新宿区の税理士、サープラス税理士法人。

 サープラス税理士法人東京都新宿区市谷台町5-1新宿区の税理士
サープラス税理士法人 サービス内容 会社概要 税理士の紹介 お問合せ
代表ご挨拶
税理士の紹介
よくいただくご質問

相続税や贈与税の税率は、他の税目と比較し高くなっています。
実際に相続が発生したときに、多くの相続財産があるため、相続税額が高額になってしまい、またその一方で、相続財産のうちに現金や預金が少なく土地や建物が多いような場合には、納税資金の手当が大変になります。 また、遺産の分割方法によっても相続税額が大きく違ってきます。
相続の「そのとき」がくる前に相続税シミュレーションをすることで、相続が発生した場合の税額を抑えるための対策や相続税の納税資金の準備を行うことができます。

1.贈与税の基礎控除を利用した対策
2.贈与税の配偶者控除を利用した対策
3.相続時精算課税制度を利用した対策
4.贈与や遺贈、生命保険や不動産の購入を
    利用した対策
など、相続税を軽減するための対策は、相続人の状況や相続財産により様々です。長い期間を利用した対策もありますので、まだ先のことと思わずに、お気軽にご相談ください。

相続税は、相続開始時から10ヶ月以内に現金で支払うことが原則となっています。
不動産が主な相続財産の場合、すぐに現金化できないため「納税資金対策」が必要となってきます。納税資金が足りない場合は、相続税を延納したり、不動産などの資産を売却して納税資金を準備する事となりますが、延納の利子税は高く、不動産の売却には時間が掛かったり、思った価額で売却できなかったりすることがあります。
したがって、前もって念入りな納税資金準備の計画を立てる必要があるのです。

 

遺産の分割に際しては、民法の規定による遺留分を考慮しなければなりません。その一方で、土地や建物、あるいは、被相続人が経営していた会社の株式などのように、分割したくても分割することが難しい財産もあります。
相続税の申告期限までに遺産が分割されていることにより受けられる特例措置も、分割がされていないと受けられなくなってしまいます。
遺言状の作成や生前贈与、土地の分筆など、事前に準備しておくことでスムーズに遺産分割することが大切です。

「相続税試算サービス」を始めました。

1.サービス概要
まだ相続が発生していない方に、もし今、相続が発生した場合に相続税がいくらかかるのかを計算し、「相続税試算結果報告書」を作成するサービスです。
相続税の試算にあたっては、土地・建物、有価証券、その他の財産の評価を相続税に関する法令に従い評価し、相続税申告書の様式で報告します。

2.料金
50,000円(税抜)〜


平成27年1月以後の相続から基礎控除額が引き下げられ、これまで相続税に関係がなかった人も相続税の対象になってきます。
改正後の相続税の税率に基づいたExcelシートをご提供します。
>> 相続税シミュレーション エクセルシート(Excel)

 
経営革新等支援機関
税務様式集
相続税シミュレーション エクセル
税務届出書様式集
会社設立のポイント
サープラス税理士法人Facebook

【広告】

日本語で覚えるネイティブの英語発音
Copyright, All rights reserved, サープラス税理士法人, 2012-2014   
〒162-0066 東京都新宿区市谷台町5-1市ヶ谷台Mビル2F サープラス税理士法人